賃貸で自由に快適生活│住む家が人生を変える

不動産

一時滞在者向けマンション

マンション

大都会で仮住まい

東京は世界有数の大都市であり、多くの行政機関や企業、文化施設などが集中しています。居住人口も1,000万人を超える規模となっています。その中には当然のことながら、東京以外の地域から流入してきた人たちも相当数に上ります。人々が他の地域から東京にやってくる理由は、実にさまざまです。もちろん生活の本拠を東京に定める人が多数を占めるのは言うまでもないことですが、中にはごく一時的な生活拠点にするだけというタイプの人もいます。この、後者のニーズに応えるようなタイプの住居物件として人気があるのが、マンスリーマンションです。マンスリーマンションとはその名が示すごとく、月単位での入居契約が可能なマンションのことです。

家具・家電完備

一般的な賃貸マンションは2年間の入居契約を標準とし、入居時には敷金や礼金、仲介手数料など多額の費用を要します。そしてこれらの費用はたとえ2年未満で退去することがあらかじめ明らかな場合であっても減額されたりすることはありません。これに対してマンスリーマンションは、入会費等を徴収する一部の事業者を除いては敷金・礼金等が要らず、さらに募集は事業者が直接行っているため仲介手数料も必要ありません。また多くの物件には生活に必要な家具や家電が備え付けられているので、引越し費用も節約することができます。地方支社から東京本社への短期の出向、東京の大学を受験するための一時滞在、新居が見つかるまでの仮住まいなどさまざまなシーンで活用できるこのマンスリーマンション、今後はいっそう普及が進むものと考えられます。

Copyright© 2015 賃貸で自由に快適生活│住む家が人生を変えるAll Rights Reserved.